オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

postheadericon相談は早めがいいです

調停にいる調停員というのは、法律の専門家ではない場合がほとんどです。
元学校の先生や地域の有力者等が行っています。
話し合いも双方の話を聞いてはくれますが、必ずしも親身になってくれるわけではありません。
長引けば長引くほど自分自身の疲労が増すだけです。
そういったことも考慮して、問題が複雑なら早めに弁護士に相談することがおススメです。
また、親身になってカウンセリングも行ってくれる弁護士なら安心です。
絡まった心をほぐしながら相談に乗ってくれます。

問題解決を急ぐ
弁護士と言っても、得意分野は様々です。
離婚問題を数多く扱ってきた弁護士ならより安心です。
多くの離婚問題を経験していれば、それだけ解決への糸口も見えやすくなります。
多くの心の問題は、現実的な問題そのものがなくなってしまえば改善へ向かうものです。
お金がかかることを気にかけているのであれば、所得によっては初回の相談料が無料になる制度を利用してみると良いです。
本当に親身になってくれる事務所を探してみることです。

postheadericon離婚後のサポート

カウンセリングの窓口を設けている事務所は、男性だけでなく女性の弁護士がたいてい所属しています。
中には離婚経験のある方もいますので、どのような問題でも真摯に向き合ってくれます。
女性の場合は同じ女性の方が話しやすいので、事前にホームページで調べてからカウンセリングを受ける方が安心です。
離婚には協議離婚、調停離婚、裁判離婚と色々なケースがありますので、それらの点についても詳しく説明してもらえます。
もし離婚を決断した場合でもサポートをしてもらえるので、事前にカウンセリングを受けておくのは必要です。

相談は弁護士にします
離婚相談に訪れる人と言うのは、少なからず心が大きく傷ついていることが多いものです。
結婚するよりも、離婚というのは、とんでもない位に労力を必要とします。
結婚同様に離婚するためには双方の同意が必要となります。
すんなりと行けばいいのですが、どちらか片方が拒否した場合や親権や財産問題等が絡んでくると大変です。
問題が解決しない場合には、地域の簡易裁判所などで調停による解決へと進んでいくことになってしまいます。

postheadericon離婚後の生活について

昔は離婚で悩むのは女性が多かったのですが、最近は男性も増えています。
女性の場合ですと夫の浮気を知って離婚したいのだが、離婚後の生活が不安で決断できないというケースが一般的です。
男性の場合ですと妻から一方的に離婚話が出て、理由がわからずに悩むケースがみられます。
離婚相談をしたいのだがどこでしたらいいのかわからないという場合は、最寄りの弁護士事務所へ相談することができます。
法律問題でなくても相談にのってくれます。

女性弁護士へ相談
最近の弁護士事務所には、離婚問題のカウンセリング窓口を設置しているところもあります。
そのようなカウンセリングでは、もし離婚した場合の慰謝料の件とか、離婚後の生活のことについてなどアドバイスをしてくれます。
1人で悩むより、カウンセリングを受けた方が解決策が早く見つかります。
特に弁護士は色々な離婚訴訟などを経験しているので、役に立つアドバイスをしてくれます。
カウンセリング料は事務所によって違いますが、高くても1万円から2万円程度です。

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031